花魁の世界を学べば女性らしさとは何かがわかる!
ロゴ

奥深い花魁の世界!美貌と気品を併せ持つ女性

知っておくと面白いのが花魁の仕組みや成り立ち

花魁とは18世紀の半ばから使用され、それまでは太夫や傾城と呼ばれていました。花魁は教養と美貌を併せ持った一握りの遊女しかなれません。また花魁にも階級があり、呼出し、昼三、付廻しの3つに分かれていましたが、そのうちの呼出しが花魁の中でも最高位でした。

花魁と呼ばれるまでの道のりを知っていこう

元々は一人買いや親から売られた子供だった

江戸時代、農村地域ではお金がなく貧しい生活を送っている人が非常に多い時代でした。食べる物に困り、男は出稼ぎに出ることが出来ましたが、当時の女の子には仕事はありません。そんな時、農村地帯に人買いが現れ、将来容姿が良い子に育つ子は、吉原など遊郭へ連れていかれました。

たくさんの教養を身に付けられます

花魁はただ美しいだけでは務まりません。芸や作法など様々な事を徹底的に仕込まれました。花魁だけではなく遊女たちは自分の力で客からおひねりを貰って生活をしなければいけなかったので、いかに多くの客が自分についてくれるか、客の取り合いでした。

その中から勝ちあがったのが花魁

花魁の中には大名や大商人を相手にする人もおり、それは花魁の中でもほんとうに一握りでした。今でいうキャバクラ嬢に例えるとわかりやすいでしょう。トップのキャバクラ嬢になる為にはたくさんの固定客をあつめ、稼ぎもいいかと思いますが、遊女もこうやって花魁になっていきました。

花魁の世界を学べば女性らしさとは何かがわかる!

女の人

美しいだけじゃない!風雅に通じ芸を魅せるのも花魁の嗜み

花魁は普通の遊女とは違った美しさと気品が溢れています。しかし、ただ美しいだけでは花魁にはなれません。花魁になる為には風雅に芸を見せるため、日々厳しい芸の稽古をしなければいけません。こうして厳しい教育を受けることで息をのむような美しく風雅な通し芸をすることができます。遊郭で芸を踊れる花魁も一握りです。

現代の女性も勉強になる花魁の醸し出す魅力

花魁が学んできた作法は、現代の女性にも勉強になります。まず花魁は常に美に対してストイックです。髪形もいつも豪華でメイクもきちんと行うなど外見に気を使うのは勿論ですが、作法も美しく男性を立てる行動をしていました。周りへの気遣いも良くでき、淑やかで気品のあるその出で立ちは、まさに今の女性には足りない魅力が花魁にはあります。ですから、大人美人になるためにあえて花魁体験をしてみるのもよいでしょう。女性の色気の出し方をわかっていない人は意外と多いので、和服を着てみればその魅力の出し方に気づけるはずです。

花魁が現代でなぜこんなにも人気を集めているのか

花魁は美しく教養のある女性です。そのため現代でも女性に絶大な人気を集めています。京都では花魁の体験ができるお店がたくさんあります。普段しない色鮮やかなメイク、程よく肌を露出して柄も綺麗な着物をきて撮影します。その吸い込まれるような色っぽさと立ち振る舞いに男性だけではなく女性からも圧倒的な人気を誇っています。また女性だけでなく、男性も一緒に体験できるため、色気のある女性と男性へと変身していきましょう。普段の洋服姿とは全く違ったお互いの雰囲気を知る良いきっかけになり、着物の魅力も感じることができます。

花魁と芸者を比較することで違いがわかる

舞妓さんの特徴

舞妓さんは、かわいらしいイメージを持っている方も多いでしょう。メイクのやり方も少し花魁とは違っています。舞妓さんがするメイクの特徴は、目元と口元が重要です。白い肌に、目元と口元に赤色を入れることで色気を出しています。また、着物に関しては、色はベテランになってくると淡い色が多くなり、帯は長めが基本となります。

花魁の特徴

花魁のメイクの特徴は、目元は長めに意識してメイクをしていきます。また、鼻筋は彫り深くみせるようにしていくのが特徴になっているでしょう。そして、着物に関しては色っぽさをかなり意識して丈がとても長めになっています。引きずりながら歩くのがポイントなため、舞妓さんとは全く違うことがわかりますね。

広告募集中